読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳倶楽部

IT技術で近未来社会を創造するプロジェクト

【書籍】超一流の雑談力

書籍

雑談と言うのは、あらゆる人間関係の入口です。

自分という人間を認めてもらい、その後の関係を

より深く、強いものにするためのきっかけであり、

人間関係の方向性を決定する重要なステージに

なります。

仕事や趣味の話とは異なりテーマが決まっていない雑談。

雑談力はその人の教養と人間力を計測する一つの指標になる。

超一流の雑談力

超一流の雑談力

 

 

■目次

第1章 超一流の雑談の始め方

第2章 何を話題にすれば、雑談は盛り上がるのか?

第3章 思わず心を許してしまう聞き方

第4章 出会ってすぐに距離を縮める方法

第5章 さらに距離を縮める二度目の雑談

第6章 相手によって話し方や話題を変える

第7章 雑談から本題への移り方

第8章 今日から始める雑談トレーニング

 

第1章 超一流の雑談の始め方

ここでのポイントは

・1分以内に軽い失敗談で自己開示。

・ 一文を短く。リズミカルに話す。

・伝えたいこと、引き出したいことを意識して会話する。

となる。

 

■第2章 何を話題にすれば、雑談は盛り上がるのか?

ここでのポイントは

・雑談で大切なのは相手を乗せること。

・最初はあたりさわりのない話題から入る。

・必要なのは笑いでなく興味深い話。

・雑談のための情報を自らつかんでおくこと。

・情報ソースは日経産業新聞がオススメ。

・ジャンル毎に常時5〜6個はストックしておく。

・相手の興味を見極める。

・実用的な知識を伝えていく。

となる。

 

第3章 思わず心を許してしまう聞き方

ここでのポイントは

・うなずき方にバリエーションを持つ。

・相手の言葉に一言追加して返す。

・相手の自慢を見極め「何か特別なことをされてるのですか?」

・相手のバックグラウンドに注目して会話のポイントを拾う。

・知らなかったら聞く。

・雑談ノートをつけて次回の雑談に使う。

となる。

 

第4章 出会ってすぐに距離を縮める方法

ここでのポイントは

・表情が悪い=自ら好かれづらいオーラを発している。

・事実にちょいモリする。

・相手の発言で感動した所を伝える。

・その所をまた教えて欲しいと伝える。

となる。

 

第5章 さらに距離を縮める二度目の雑談

ここでのポイントは

・前回教えてもらったことに触れる。

・手みやげのポイントはちょっとした手間暇。

・まるで10数年来の友人のような電話をする。

 

第6章 相手によって話し方や話題を変える

ここでのポイントは

・ボス人→雑談をフックに相手のメリットのある話をしていく。

・いい人→頃合いを見て本題を切り出す。決断を促す。

・分析家→相手の知識欲を満たす話題を整理しながら話す。

・社交的な人→ちょいモリを使って大げさに聞く・話す。

・大人しい人→相手のペースに合わせる

となる。

 

第7章 雑談から本題への移り方

ここでのポイントは

・雑談で出たキーワードを使って本題に移る。

・何についての話なのか10秒で伝える。

・相手が沈黙した時は笑顔で待つ。

となる。

 

第8章 今日から始める雑談トレーニング

ポイントは

「とにかく雑談する機会を増やす」 

となる。

【書籍】ラプラスの魔女

書籍 小説

■舞台

死亡事故が発生した複数の温泉地と

独立行政法人-数理学研究所 

 

■登場人物

羽原円華:事故発生前に数理学研究所から行方を眩ました少女。

甘粕謙人:甘粕才生の息子。意識不明の重体から奇跡的復活を遂げる。

甘粕才生:「鬼才」と評された映画監督 

 

■ストーリー

温泉地で硫化水素が発生し、

有名映像プロデューサーが死亡した。

彼には若い妻がいた。他殺か事故によるものか?

捜査が進む中で自然現象を予測を可能にする

「ラプラスの悪魔」が浮かび上がってくる。

ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

 

■読後感

筆者特有のテンポの良いストーリー展開により

最後まで一気に読んだ。

「ラプラスの悪魔」はコンピュータ関連の仕事を

生業にしていると一度は聞くことがある概念。

演算速度とセンサーの精度の向上により

精度の高い自然現象予測が可能になれば

自然災害の防止策にも活かすことができそうだ。

【書籍】一瞬の光

書籍 小説

■舞台

日本最大の財閥の中核企業

 

■登場人物

橋田浩介:38歳の若さで人事課長に抜擢されたエリート。

中平香折:短大生。幼い頃より母・兄に過酷な虐待を受ける。

藤山瑠衣:28歳。社長の姪で才色兼備。外資系証券会社勤務。

 

■ストーリー

浩介は会社での面接をきっかけに偶然知りあった

香折との触れ合いの中で,順風万風であった

自分の生き方を見つめ直すようになる。

一方で会社では社長と副社長の間での覇権争いを受けて

浩介の運命は大きく揺さぶられていく。

一瞬の光 (角川文庫)

一瞬の光 (角川文庫)

 

 ■読後感

「・・・ただ、一瞬一瞬を、その次の一瞬が

例え死であっても、絶対に後悔しないように

生きようと思っているだけだ。・・・」

浩介がかつての恋人に「刹那的」と評された時に

返した言葉。過去のこと、未来のことを考えるよりも

今という一瞬に全力を尽くすことだけを考えたほうが

後悔のない最期を迎えられる気がする。

 

「・・・どこか知らない土地に行って、

新しい自分になって生きようなんて絶対思わない。

・・・そんな時って、死ぬのが素晴らしい楽園に

行くことのような気になるんです。・・・」

香折が浩介に語った言葉。虐待した相手よりも,虐待を

受けた自分のことを何よりも憎む心理から発せられている。

浩介と香折の二人に共通することは形は違えど

「今」に強力な焦点を当てていることだろうか。

浩介は未来に対して希望的。香折は未来に対して絶望的。

という違いはあるが。

 

タイトルにある「一瞬の光」の意味が

今になって読み返して腹落ちした。

【書籍】売国

書籍 小説

■舞台

現代日本のロケット開発を巡る利権抗争

 

■登場人物

富永真一:東京地検特捜部検事

八反田遥:宇宙航空研究センター研究生

橘洋平 :永田町の妖怪と呼ばれた政治家

 

■ストーリー

相模原の宇宙航空研究センターで行われている

国産ロケット開発プロジェクト。

その舞台裏で宇宙開発ビジネスを巡る

国家間の利権抗争が行われていた・・・。

 

国産ロケットの開発を夢見る遥は

間接的に国家間の利権抗争に翻弄され,

富永は橘洋平と邂逅。

彼が「売国奴」と定義する政界の実力者達の

逮捕劇へと近づいていく。

売国

売国

 

  ■読後感

宇宙開発を巡り研究生のストーリーと

検事のストーリが交互に別々に進む。

最初は関連性が分からず「?」という印象を受けたが

終盤になり双方のストーリーが本人達の知らない所で

交錯していくというストーリー展開が秀逸。

 

 

【書籍】WEB+DB PRESS総集編(Vol.1〜72)

書籍 Web開発技術

今までのソフトウェア開発を振り返るために購入。

2000年〜2012年までのWeb開発に関する特集が凝縮されている。

WEB+DBのVRアプリ版が出版されると嬉しいな。

10年間で実装コストが随分下がってきていると実感。

企画をカタチにするスピードがより重視されてくるな。

WEB+DB PRESS 総集編〔Vol.1~72〕 (WEB+DB PRESS plus)

WEB+DB PRESS 総集編〔Vol.1~72〕 (WEB+DB PRESS plus)

 

■Looking Back:WEB+DB PRESS

特集になっているキーワードを抜粋。

Web技術の流れを振り返ってみる。

2000年代前半はJava,後半はHTML5が

もっともホットな話題だったのだな。

 

・2012年

HTML5,CSS3,Node.js,Rails

Jenkins,GitHub,nginx

・2011年

HTML5,CSS3,Node.js,AWS

 ・2010年

HTML5,CSS3,jQuery

・2009年

 Java,Rails,Git

・2008年

Eclipse,PostgoreSQL,MySQL,memcached

・2007年

Flex,ActionScript,Rails,Seaser2,Linux

・2006年

Ajax,Seaser2,PostgoreSQL,ZendFramework

・2005年

J2EE,Seaser2,Spring,DI

・2004年

Java,Struts

・2003年

Java,EJB,Eclipse

・2002年

Java,オブジェクト志向,

・2001年

Java

 

-------------------------------------------------- 

■特集 これからエンジニアとして働く人へ

〜今Web開発者に必要な知識

第1章:Webアプリケーションの全体像

第2章:プログラミング編

第3章:インフラ編

第4章:データベース編

第5章:テスト編

-------------------------------------------------- 

プログラミング編の所を

深堀りしてみる。

Webアプリケーションの定義

→「ブラウザの入出力を通じて動的に動きを

変えるプログラムが動いているシステム」

スマホアプリは入出力がスマホ。

VRアプリは入出力がHMD+コントローラ。 

IoTアプリは入出力がモノ。

といったところか。

サーバサイドアプリケーション

→「ブラウザなどからHTTPリクエストを受け取って

レスポンスを返すのが主な仕事。

定型処理の枠組みを用意してくれるのが

アプリケーションフレームワーク。 

軽量フレームワークから重量フレームワークがあるが

長所・短所に精通して用途に応じて使い分ける選定眼が重要。

クライアントサイドアプリケーション

→「ブラウザで動作する」という制約がある。

HTML5やJavaScriptを拡張したjQueryやAjax

により動的処理を追加。 

HTML5によりWebで随分とリッチなアプリケーションを

つくれるようになったものだ。しみじみ。

リアルタイムアプリケーション

→サーバサイドにNode.jsを立てて,

Socket.IOを利用してWebSocketで通信する。 

 結構簡単にPush配信の仕組みができるようになるとは。

Socket通信をつくり込んでいた頃が懐かしい。

 

 

 

【書籍】GENE MAPPER

書籍 小説

■舞台

拡張現実が広く社会に浸透し、

遺伝子設計された蒸留作物が主食となっている

近未来社会。

 

■登場人物

林田:遺伝子設計デザイナー

黒川:蒸留作物メーカーL&B社のエージェント

キタムラ:ハッカー

 

■ストーリー

L&B社の手がけたプロジェクト「マザー・メコン」。

蒸留作物を用いた農業が環境維持に役立ち、

持続可能な事業であることを証明するプロジェクト。

林田はマザー・メコンに蒸留作物「SR06」を納品した。

そのSR06がウイルス感染を起こした。

現地調査のため林田は黒川とベトナムに飛び立つ。

現地でキタムラの協力を得ながら調査を進めていく。

ウイルス感染を引き起こした真相はー・。

Gene Mapper -full build-

Gene Mapper -full build-

 

 ■読後感

拡張現実が浸透した社会を舞台にしている。

アバターを利用した仮想空間での会議、

アバターへの感情補完設定、機械翻訳を通した会話等。

近年出てきている技術でこの辺りは実現できそうな

所まで来ているから驚きだ。

 

林田・キタムラはインターネット業界の仕事の進め方に近い

スタイルをとっているから親近感がわく。

またCSS・XML・オブジェクト指向等々,

業界の関連技術をもとにした用語がチラホラ出てくる所も。

遺伝子工学をテーマにしているが.

遺伝子組換え作物で巨大農場を構築するという試みには

なぜか胸が踊る。

 

このような近未来小説を読んで、

実現可能性を想像してみるのはとても楽しい。

 

 

 

【書籍】エッセンシャル思考

書籍 思考法

無駄なことをせず、シンプルに生きるための

思考法を探していた所、本屋にて発見。

すぐれたデザインは複雑で無駄に満ちた世界を

シンプルで有意義な世界に変えてくれる。

製品のデザインだけでなく生き方のデザインも同じだ。

本書は生き方をデザインするための極上の

ガイドラインである。

「生き方をデザインする」という表現がグッド。

 

■目次

PART1 エッセンシャル思考とは何か

PART2 見極める技術

PART3 捨てる技術

PART4 しくみ化の技術

 

PART1 エッセンシャル思考とは何か

1.エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

より少なく、しかしより良く。

規律なき拡大は失敗への第一歩

全ての方向に一歩ずつ進むのはやめよう。

 

2.選択

自分では何ひとつ選べないから、

すべてを引き受けているだけなのだ。

・・・エッセンシャル思考の第一歩は

「選ぶ」ことを選ぶことだ

自分の成長につながらない仕事は

例外なく全て断ることを選ぼう。

 

3.ノイズ

エッセンシャル思考の人は

大多数のものは不要だと考える

プロダクトに取って本当に必要な

機能以外を切り捨てよう。

開発チームに取って本当に必要な

人・ルール以外を切り捨てよう。

 

 

4.トレードオフ

みんなを優先するのは誰も優先しないのと

同じだ。・・・何に全力を注ごうかと考える。

顧客優先。仕事をする上での鉄則だ。

そのプロダクトは顧客の課題を解決するのか?

 

PART2 見極める技術

5.孤独

自分のための時間を確保することで

人生の主導権を取り戻せたと

彼は言う。

思考を深めるためには、

自分を内省する時間は必須。

 

6.洞察

そもそも今何の問題を考えているんです?

瑣末に捉われ本質を見失うことはよくある。

雑音と無駄なことを減らして減らして減らし続けるのだ。

 

7.遊び

そうしたおもちゃやフィギアや

恐竜を下らないと思う人もいるだろう。

だがこういう小さな遊び心こそが

何よりも大切なのだ

遊びたい心は探究心からくるものだ。

よく遊びよく働く。

 

8.睡眠

もう1時間眠れば数時間分の

生産性が手に入る。

寝る時間を中心に生活を組み立てると

良いということが脳科学の観点からも

主張されてるらしい。

 

9.選抜

 中途半端なイエスをやめて

「絶対にやりたい」か「やらない」

の2択にする。そのためのコツは

基準をとことん厳しくする。

イエスというのは絶対にやるしかない

と確信した時だけだ。

絶対にやる・やらないの判断をするために

情報収集が必要。

情報を集めて判断を下そう。

「まずやってみる」という言葉の意味は

「まず情報収集する」に置き換える。

即行動にするとエネルギーをロスするからだ。

 

PART3 捨てる技術

10.目標

人と国を滅ぼすのは作業としての

仕事である。すなわち自分の主目的を

離れ、あちらこちらに手を出すことで

ある

まさに今この状態。作業者に成り下がっている。

自分の本質目標を選択するんだ。

 

11.拒否

人はノーと言う勇気のある人を

高く評価し尊敬するのだ。

・・・肝心なのは絶対にやるべきこと

以外のすべてに対して上手に

ノーと言うことだ。

雑務と雑音に振り回されている今、

この技術は非常に大事。

ほとんどのことはノーと言える。

本当に重要なことはほとんどないのだから。

 

12.キャンセル

まだこれを持っていないとしたら

手に入れるためにいくら支払うか?

もしもまだこのチャンスが手に入って

なかったとしたら、手に入れるために

どれだけのコストを支払うか?

コストをつぎ込んだために止められないケースで

この問いかけは大事。

不本意なことを続けていても誰のためにもならない。

 

13.編集

人生を凝縮するということは

結果に対する行動の比率を

減らすことだ

闇雲な行動はエネルギーのロスと

疲弊を生むだけだ。

明確な目標と情報収集をして判断することで

行動を絞ろう。

 

14.線引き

自分で線を引かなければ

自分の領域は守れない。

・・・境界線をなくした方が

バリバリ仕事ができると思っている。

それは思い上がりである。 

・・・他人に侵害されたと感じた

出来事をリストアップしてみよう。

イラッとする出来事があれば

それが境界線のヒントだ。

横槍という名の雑音が入った時が一番イラッとする

シーンだ。境界線が曖昧だとその時にNoと言えず

イライラが募るばかりだ。

境界線を明確にして自分の領域に集中しよう。

 

PART4 しくみ化の技術

15.バッファ

うまくいくことを前提にせず

何が起きてもいいように徹底的に

準備をしていたのである

事前準備の質で成否は決まる。

 

16.削減

成果を生まない努力をやめる。

1.めざすことを明確にする

2.ボトルネックを特定する

3.邪魔なものを取り除く

無駄な努力はしないことだ。

人に依存して進まないのであれば

その役割と成果を明確にした上で

人を動かすか、諦めるかだ。

 

17.前進

小さく始めて大きな成果を得る。

地味でも着実に勝ちに行く

MRに関するブログを書くもよし。

プロトタイプを開発するもよし。

イベントに行って刺激を与え合うもよし。

少しづつ地道な活動を続けていこう。

 

18.習慣

非エッセンシャル思考の人はいざと

なったら本気を出そうと考えている。

エッセンシャル思考の人は

重要なことをやり遂げるために

日頃からの習慣にする。

独立と趣味の充実を目標にするのなら

それを一気にやろうとするのでなく

習慣の中に取り入れて継続することだ。

 

19.集中

問題は人は一度にひとつのことにしか

集中できないということだ。

・・・今やらなくてはならないことは

「今何が重要か」を決めること。

・・・仕事は存分に楽しめ。

家に帰れば家にいろ。

今ここに集中する。引きずらずに切り替える。

それがパフォーマンスを最大限に引き出すコツ。

 

20.未来

・・・要するに大切なのは「選ぶ」

ということだ。周囲に流されず、

自分自身の選択をする。

・・・他人の言いなりになるのを

避けるためには自分で優先順位を

決めるしかない。

「自分にとって本当に重要なことは何か?」

それ以外は全部捨てていい。

雑音に振り回される仕事から解放されよう。

自分にとって本当に重要な仕事を選んで

実行する。大事なのはそれだけだ。

 

最終章.エッセンシャル思考のリーダーシップ

エッセンシャル思考のマネージャーは

決してすべてをやろうとしない。

明確な目的を持って仕事を精選し

あらゆる業務を「より少なく、しかしより良く」

の方針で実行する。その結果チームの結束力は

強まりさらなる高みへブレイクスルーできる。

「何かひとつしかできないとしたら」と

仮定して戦略を絞り込みチームの仕事を

精選しよう。精選した仕事に対して

メンバーが小さな進歩を重ねているか

チェックしていこう。

非エッセンシャル思考のリーダーは

・・・その結果、ダメな部下の管理や

教育に多大な時間を取られてしまう。

・・・そして足手纏いとなる人材は

容赦なく切り捨てる。

無闇に人を増やすことはチームの崩壊に

つながる。人材の選別は徹底的にこだわり抜き

少数精鋭のチームをつくろう。

非エッセンシャル思考のリーダーは

・・・役割と責任を明確にしない。

・・・何を達成すべきかわからないので

ただ忙しいふりをして「できる」と

見せかける人も出てくる。

役割分担と達成すべき成果基準を明確に

設定しよう。忙しいふりをする人を無くすのだ。