ソフトウェアエンジニアの雑記

ソフトウェアエンジニアである著者による雑記ブログ

MENU

【書籍】一瞬の光

■舞台

日本最大の財閥の中核企業

 

■登場人物

橋田浩介:38歳の若さで人事課長に抜擢されたエリート。

中平香折:短大生。幼い頃より母・兄に過酷な虐待を受ける。

藤山瑠衣:28歳。社長の姪で才色兼備。外資系証券会社勤務。

 

■ストーリー

浩介は会社での面接をきっかけに偶然知りあった

香折との触れ合いの中で,順風万風であった

自分の生き方を見つめ直すようになる。

一方で会社では社長と副社長の間での覇権争いを受けて

浩介の運命は大きく揺さぶられていく。

一瞬の光 (角川文庫)

一瞬の光 (角川文庫)

 

 ■読後感

「・・・ただ、一瞬一瞬を、その次の一瞬が

例え死であっても、絶対に後悔しないように

生きようと思っているだけだ。・・・」

浩介がかつての恋人に「刹那的」と評された時に

返した言葉。過去のこと、未来のことを考えるよりも

今という一瞬に全力を尽くすことだけを考えたほうが

後悔のない最期を迎えられる気がする。

 

「・・・どこか知らない土地に行って、

新しい自分になって生きようなんて絶対思わない。

・・・そんな時って、死ぬのが素晴らしい楽園に

行くことのような気になるんです。・・・」

香折が浩介に語った言葉。虐待した相手よりも,虐待を

受けた自分のことを何よりも憎む心理から発せられている。

浩介と香折の二人に共通することは形は違えど

「今」に強力な焦点を当てていることだろうか。

浩介は未来に対して希望的。香折は未来に対して絶望的。

という違いはあるが。

 

タイトルにある「一瞬の光」の意味が

今になって読み返して腹落ちした。